一番よく効く育毛剤はどれ?

ユーザー100人が選ぶ一番よく効く育毛剤ランキング

みなさんはどのようにして育毛剤を選んでいますか?
配合成分がどうとか、どのようなメカニズムで効くとか、育毛剤を選ぶ基準は色々あることでしょう。

しかし当サイトの管理人は、育毛剤選びにおいて最も大切なことは、実際に使った人が一番よく効くと思った育毛剤、それこそが良い育毛剤だと考えます。
以下に実際に育毛剤を使っている男性が選んだ、一番よく効く育毛剤のランキングをご紹介します。
育毛剤の選択で困っている方は是非とも参考にしてみてくださいね。


イクオス


一番よく効く育毛剤との呼び声が最も高かった育毛剤は、株式会社キーリーから発売されているイクオスという育毛剤です。
育毛剤ユーザーに対するアンケート結果で、一番よく効く育毛剤として最も支持された育毛剤になります。

毛母細胞の活動を直接活発化させるM-034が登場したことで育毛剤は大きく進化しましたが、イクオスはまさにM-034を主体とした一番よく効く育毛剤です。
実際に育毛剤を使った男性からだけではなく、プロフェッショナルからも推奨されているよく効く育毛剤で、2016年にはモンドセレクションの育毛剤部門で表彰されています。

45日間はお試し期間として育毛剤を使うことができて、期間内であれば効果が無い場合には育毛剤を返品することが可能です。
発売元である株式会社キーリーも、一番よく効く育毛剤として自信をもっているようですね。

イクオス公式サイトはこちら


 


チャップアップ


イクオスの次に一番よく効く育毛剤との声が多かったのは、株式会社会社ソーシャルテックが開発したチャップアップです。
チャップアップは元は薄毛治療サロンで使われていた育毛剤ですが、よく効く育毛剤として注目されたことで一般販売されるようになりました。

はっきり言って内容成分は一番よく効く育毛剤と言われるイクオスとほとんど変わりありません。
注意したいのは、同じ内容成分にも関わらず一番よく効く育毛剤と言われるイクオスの方が、1000円ほど安く購入することができます。

育毛剤は人との相性もあると言われますから、まずは一番よく効く育毛剤のイクオスを使ってみて、効果が無いようなら返品してチャップアップを試してみるといいでしょう。
尚、チャップアップは30日間のお試し期間があり、30日以内であれば育毛剤を使用後も返金してもらうことができます。

チャップアップ公式サイトはこちら


 


プランテル


一番よく効く育毛剤とのアンケートに対して、3番目に回答が多かった育毛剤はプランテルです。
プランテルは九州に本社を構える化粧品メーカーが作った育毛剤で、過去にはイクオスと同じくモンドセレクションを受賞したことのある育毛剤です。

イクオスとチャップアップと比較すると、一番よく効く育毛剤と答えた人数はかなり減りますが、それでも実際に発毛効果があったという声が何人かから上がった育毛剤です。

 


ブブカ
一番よく効く育毛剤として4番目に多くの票を獲得したのはブブカです。
他の育毛剤と比較するとかなり高く、一番よく効く育毛剤ランキング1位のイクオスと比べると倍近いお値段がする育毛剤になります。

しかしそれでもなおブブカが累計100万本以上を売り上げているのは、ブブカがよく効く育毛剤であるからに他なりません。
育毛剤は一番よく効くものでも効果が現れるまでに数ヶ月はかかります。
まずはコストパフォーマンスも高い一番よく効く育毛剤のイクオスを試してみて、効果が無ければブブカを試してみるといいでしょう。



一番よく効く育毛剤の条件

一番よく効く育毛剤はどれかという問いに対して、複数の票を集めたのが上記育毛剤になります。
それでは一番よく効く育毛剤に選ばれた育毛剤にはどのような共通点があるのでしょう。
育毛剤選びに役立つ一番よく効く育毛剤の条件を以下に解説していきます。


毛母細胞の活動を活性化させる効果がある

育毛剤に求められている効果はなんと言っても発毛効果、新しい髪の毛が生えることに他なりません。
一番よく効くと言われる育毛剤には、この発毛効果が必ず備わっている必要があります。

髪の毛はその99%以上がタンパク質の一種であるケラチンタンパクからつくられています。
肉や魚から摂取したタンパク質はビタミンや酵素によってアミノ酸に分解され、髪の毛を生成する機関である毛母細胞へと運ばれます。

アミノ酸などの髪の毛の生成に必要な栄養素を取り込んだ毛母細胞は、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を成長させていきます。
つまり髪の毛が成長したり発毛したりするということは、すなわち毛母細胞が細胞分裂することとイコールになります。

最近のよく効く育毛剤は昔の育毛剤とは違い、毛母細胞の細胞分裂を直接的に促進できるようになりました。
一番よく効く育毛剤などと言われる育毛剤には、決まって毛母細胞を活性化させる成分が配合されています。
またその成分に何を使っているのかで、その育毛剤がどの程度よく効くものなのかも決まってきます。




5αリダクターゼを抑制する成分が配合されている


毛母細胞を活性化させる成分ともう一つ、一番よく効く育毛剤に必須と言えるのは5αリダクターゼを抑制する成分です。
5αリダクターゼとは男性の頭頂部やおでこ付近に集中している還元酵素で、男性ホルモンに働きかけて悪性の脱毛ホルモンへと変異させることが確認されています。

そのままでは何の問題も無い男性ホルモンですが、5αリダクターゼと反応することで髪の毛を抜け落ちさせる働きをする悪性の脱毛ホルモンへと変わります。
一番よく効く育毛剤と言われるものには、この悪性の脱毛ホルモンが体内に生成されるのを防ぐために、5αリダクターゼを抑制する成分が配合されています。

最もメジャーなものだと、一番よく効く育毛剤と言われるイクオスにも配合されているオウゴンエキスがそれにあたります。
オウゴンエキスはコガネバナという植物の根っこから抽出される成分になりますが、5αリダクターゼの活動を抑えるための十分な効果を持ち合わせています。

現代の成人男性がハゲる最大の要因がこの5αリダクターゼと言われていますから、一番よく効く育毛剤であるためには5αリダクターゼを抑制する効果は必須であると言えます。


 



以上2点の効果・効能は、一番よく効く育毛剤を探す上で一つの基準となります。
これらの条件を満たしている育毛剤の中から、さらによく効く育毛剤を探していきましょう。

当サイトおすすめ育毛剤はこちら